cycleland saito

ダウンカントリーバイクに進化した新しい2022M TopFuel

TopFuelはどう進化?ダウンカントリーって何?

TopFuelがワイルドに進化しました。これまで、クロスカントリーレース向けのフルサスバイクという位置付けだったTopFuelですが、スーパーキャリバーやプロキャリバーの登場や、ワールドクラスのクロスカントリーコースが、ハードになっていることもあって、全長は長め、ヘッドアングルは寝かし気味のダウンヒル寄りのスペックに進化しました。

ちなみに、ここ数年で出てきたダウンカントリーというのは、クロスカントリーのレースバイクに、長めのサスペンションを装備したような、トレイルバイクよりのスペックになっているマウンテンバイクのことを指す言葉です。つまり、マウンテンバイク中級者〜上級者にとって最高のトレイルバイクということなのです。

2022M TREK TopFuel 9.7 ¥559,900

高剛性のカーボンフレームに、120mm トラベルのFOX Rhythmフォーク、120mm トラベルの FOX Performance Float ショックを組み合わせた、2022Mのカーボン版トップフューエルのベースグレード的なモデルです。

フレームの内蔵ストレージを装備。バックパックの代わりに、トレイルライドのためのツールなどを持ち運ぶことができます。

点灯時にハンドルバーが回りすぎるのを防ぐ、ノックロック機構を搭載。ワイヤー類はフレーム内蔵のため走行中も快適です。

飛び石対策として、ダウンチューブガードを装備。

ナットを回すだけで、ヘッド角を0.5度ずつ、BBハイトを10ミリずつ変えることが出来るMinoリンクアジャスタブルジオメトリーを搭載。サスペンションのセッティングを変えることなく、好みのハンドリングにセッティング出来ます。

トレックの独自技術のひとつ、アクティブ ブレーキング ピボット(ABP)を搭載。ブレーキングによって、サスペンションがロックしてしまう現象を防ぎます。

耐久性、メンテナンス性に優れたねじ切りタイプのBBが使われています。

チューブレスに対応したリムとタイヤを装着済み。付属のリムフラップ、バルブ、シーラントで高トラクション、低パンクのメリットがあるチューブレスにすることが出来ます。

プロジェクトワンでカスタム可能

プロジェクトワンでカスタマイズすることも可能です。フレームカラーはもちろん、SRAMのドライブトレイン、FOXのサスペンションなどを、選ぶことが出来ます。

2022M TREK TopFuel 8 ¥449,900

アルミフレーム版のTopFuel8もラインナップされています。前後120ミリのサスペンションや、ジオメトリー、ノックブロック、ドロッパーシートポスト、内蔵ストレージなど、ほとんどのテクノロジーを上位モデルから受け継いでいます。

関連記事

ページ上部へ戻る