, ,

トレック ドマーネ SL5 ディスク (2022)

TREK Domane SL5 ¥364,100(税込)

Domane SL 5は、快適さ、多用途さを追求したロードバイクです。軽いOCLV カーボンフレームは、前後に振動吸収テクノロジー”IsoSpeed”を搭載し、路面振動を和らげて疲労を軽減。ロングライドを快適に力強く走れます。コンポーネントは、信頼性の高いShimano 105 ドライブトレイン、天候を問わないディスクブレーキ、スペアチューブなどの必需品を収納できるフレーム内蔵ストレージも採用しています。

快適に力強く1日中走り続けられる、スムーズな走りが特徴

快適で高性能のカーボンバイクが欲しい方、ロングライドを楽しみたい方、ワイドなタイヤとディスクブレーキの恩恵を受けられる悪路を走ることが多い方に最適。ストレージとワイヤー類を内蔵した500 Series OCLV カーボンフレームは、安定性に優れたエンデュランスジオメトリーを採用。路面振動を和らげる前後IsoSpeed、安定性に優れたエンデュランスジオメトリー、フラットマウントのパワフルなディスクブレーキ、Shimano 105 2×11速フルグループセット、チューブレスレディホイール、ワイドな700×32 タイヤを搭載しています。

主なテクノロジー

内蔵ワイヤリングや空力性能に優れたチューブ形状の500 Series OCLV カーボンフレーム、安定性に優れたエンデュランスジオメトリー、路面振動を軽減する前後IsoSpeedを使用した、ロングライドに特化したモデル。(写真は2021M)

路面振動を和らげるトレック独自のIsoSpeedユニットを前後に搭載。その効果は絶大です。重量増もほとんどありません。(写真は2021M)

フロントIsoSpeedのアップ。疲労を生む振動を吸収し、より速くスムーズで快適なロングライドを実現。ワイヤーはスマートな内蔵式です。(写真は2021M)

ワイドな700×32 タイヤを搭載。ロングライドや荒れた路面で安心感の高い走りを実現。もちろん疲労軽減にも効果あり。Domaneには最大で38cのタイヤを履かせられる幅広なタイヤクリアランスがあります。(写真は2021M)

スペアチューブやツールなどを入れられる便利な内蔵ストレージで、すっきりした見た目。もちろん通常通りボトルケージも装着できますよ。(写真は2021M)

信頼性の高いShimano 105 2×11速フルグループセットを搭載しています。(写真は2021M)

油圧式のシマノ105ディスクブレーキは、カーボンフォーク/フレームにフラットマウントされます。(写真は2021M)

関連商品

  1. トレック エモンダ ALR5 ディスク (2022)

    軽量アルミロードの最高峰。踏んだら踏んだだけ進みます!とにかく前に進みます!

  2. トレック FX1 ディスク(2022)

    FX 1 Discは、軽いアルミクロスバイク。外観と同じだけ、走りに優れている。変速段数が多いので、どんな地形も快適に走ることができ、パワフルなディスクブレーキで、雨でも晴れでも安心してブレーキングできるのだ。生涯保証の付いた万能なバイクでもっとたくさん出かけ、体を動かし、通勤・通学したい方に最適。

  3. トレック FX3 ディスク(2022)

    FX 3 Discは、性能、快適さ、利便性を追求した、万能なクロスバイク。軽いアルミフレーム、カーボンフォーク、どんな天候でも確実に停まれるパワフルなディスクブレーキを採用する。通勤・通学を颯爽と行うことができ、舗装路や砂利道でのフィットネスライドにぴったりの相棒となる。

  4. トレック エモンダ SL5 ディスク (2022)

    アルミロードバイクからアップグレードしたい方、初めてのロードバイクにも最適。軽くて速いカーボンロードバイクを予算30万円前後で手に入れたい方に。

  5. トレック ヴァーブ プラス 2 (2022)

    Verve+ 2 Lowstepは、コストパフォーマンスに優れたe-Bike。 最高で時速24kmを維持したまま、1回の充電で最高100kmまでアシストを継続する大容量バッテリーと信頼性の高いBosch製ドライブユニットを搭載する。

  6. トレック FX2 ディスク(2022)

    FX 2 Discは、悪天候でもサッと素早く停止できるディスクブレーキを搭載した、スタイリッシュなクロスバイク。軽いアルミフレーム、24段変速、路面が滑らかでも荒れていも速く走れるセミスキニータイヤで、トレーニング、通勤・通学、気ままなライドを楽しもう。

ページ上部へ戻る