トレック最新2022モデルのクロスバイクの選び方|FXシリーズを徹底比較

トレックの定番クロスバイクといえばFXシリーズ

トレックのFXシリーズはクロスバイクの中でも、大定番と言える人気車種のひとつです。快適性、軽量性、耐久性などを追及した車体設計、カラーバリエーション、デザインなど、初めてのスポーツサイクルとしておすすめの1台です。

FXとFX Sportを徹底比較!

2022モデルのFXシリーズには、大きく分けてFXとFX Sportの2種があります。FXの価格帯は、約6万円~10万円、FX Sportは約24万円と大きく異なります。まずはFXとFX Sportの違いを見てみましょう。

FX (約6万円~10万円)
FX Sport (約24万円)

フレームの素材

カーボンフレームの製造工程

FXはアルミフレーム、FX Sportはカーボンフレームを採用しています。アルミ素材と比較してカーボン素材の方が軽量な上に振動吸収性に優れるため快適性が高まります。しかしながら、高価なのがネックです。

フレーム設計(ジオメトリー)の違い

あらゆる部分の長さや角度によって、自転車の乗り味は大きく変わってきます。

自転車のフレームは、構成する各パイプ部分の長さや角度によって、乗り心地、安定性、機敏さなどに大きな違いが産まれます。このフレーム設計のことを専門用語ではジオメトリーと呼びます。FX は快適性を重視した安定志向のフレーム設計(ジオメトリー)になってます。乗車姿勢は上体を立て気味にすることで、スポーツサイクルが初めての方も安心して乗りこなせるフレーム設計です。FXと比較し、FX Sportのフレームは乗車姿勢がやや前傾になり、スポーツ性を重視したフレーム設計です。ロードバイクのように爽快に走るためにはFX Sportがおすすめです。

カスタマイズするならFX

乗り方、使い方に合わせてカスタマイズするのも、スポーツサイクルの魅力のひとつ。

FXは街乗り、通勤・通学に便利なキックスタンドやフェンダー(泥除け)、リアラックを簡単に取り付けることができます。FX Sportはスポーツ性能、軽快さを重視しフレーム素材にカーボンファイバーを使用するなど、ラックやスタンドの取り付けは推奨されていません。街乗りや自転車通勤・通学メインならFXがおすすめです。

FXのフロントフォークの素材

FX3以上に装着されるカーボンフォークは、軽量なだけでなく、走行中の細かな振動を吸収する効果があります。

前輪を支えるフロントフォークの素材による振動吸収性の違いは、走行中の快適性が変わってきます。FX1はスチール(鉄)、FX2はアルミ、FX3以上はカーボンのフロントフォークが使われており、スチール < アルミ < カーボンの順に振動吸収性/快適性が高まり、重量も軽くなります。

車体重量

フレームサイズ(体格に合わせて選びます)ごとに違いはありますが、FX各モデルの車体重量は下記の通りです。耐久性や強度に影響がないのであれば、スポーツサイクルの重量は軽いほうがスムーズに走ることが出来ます。軽いほど坂道を軽快に登ることができ、漕ぎだしもスムーズです。同じ素材のフレームでもモデル毎に、変速機やブレーキ、ホイールなどのグレードが上がることで、車体重量は変わります。

FX Sport Carbon 49.55 kg (Mサイズ)
FX 3 Disc11.38 kg (Mサイズ)
FX 2 Disc11.73 kg (Mサイズ)
FX 1 Disc12.68 kg (Mサイズ)

ブレーキ

FX3ディスクに装着される、シマノ製ハイドロリックディスクブレーキ。

FXシリーズはすべて、制動力が高く雨天でも安定して止まれるディスクブレーキを搭載。FX 1はメカニカル(機械式)ディスクブレーキ、FX 2以上はハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキで、ハイドロリックディスクブレーキの方が少ない力で楽にスピードコントロールができるメリットがあります。また同じハイドロリックディスクブレーキでも、価格が上がるにつれてブレーキのグレードが変わり、耐久性や軽量性に違いが出ます。

各モデル別スペック比較

FX Sport Carbon 4

FX Sport Carbon 4 (カラー/Dark Aquatic/Carbon Smoke)
  • 価格:¥246,400 (税込)
  • ブレーキ:ハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキ
  • フレーム素材:OCLV 400フルカーボンフレーム(IsoSpeed振動吸収機構付き)
  • フレーム設計:スピード重視
  • フロントフォーク素材:カーボン
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:あり
  • 車体重量:9.55 kg
  • カラー展開:1色(カラー/Dark Aquatic/Carbon Smoke)

FX 3 Disc

FX 3 Disc 2022M カラー/Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade
FX 3 Disc(カラー/Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade)
  • 価格:¥99,000(税込)
  • ブレーキ:ハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキ
  • フレーム素材:アルファゴールドアルミニウム(クロスバイク用)
  • フレーム設計:安定性重視
  • フロントフォーク素材:カーボン
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:あり
  • 車体重量:11.38 kg
  • カラー展開:4色(カラー/Matte Dnister Black , Viper Red to Cobra Blood Fade , Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade , Crystal White)
FX 3 Disc 2022M カラー/Alpine Blue to Deep Dark Blue Fade
カラー/Matte Dnister Black
FX 3 Disc 2022M カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade
カラー/Viper Red to Cobra Blood Fade
FX 3 Disc 2022M カラー/Crystal White
カラー/Crystal White

FX 2 Disc

FX 2 Disc(カラー/Satin Lithium Grey)
  • 価格:¥81,400(税込)
  • ブレーキ:油圧式ディスクブレーキ
  • フレーム素材:アルファゴールドアルミニウム(クロスバイク用)
  • フレーム設計:安定性重視
  • フロントフォーク素材:アルミ
  • 車体重量:11.73 kg
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:なし
  • カラー展開:4色(Satin Lithium Grey , Satin Viper Red , Satin Nautical Navy , Quicksilver)
カラー/Satin Viper Red
カラー/Satin Nautical Navy
カラー/Quicksilver

FX 1 Disc

FX 1 Disc(カラー/Rage Red)

  • 価格:¥68,200(税込)
  • ブレーキ:機械式ディスクブレーキ
  • フレーム素材:アルファゴールドアルミニウム(クロスバイク用)
  • フレーム設計:安定性重視
  • フロントフォーク素材:スチール
  • 車体重量:12.68 kg
  • IsoZone Plus 振動吸収グリップ:なし
  • カラー展開:2色(Satin Trek Black , Rage Red)
カラー/Satin Trek Black

クロスバイクを始め世界的に品薄な状況が続いてます。お早めのご注文をお願いします。

例年、新生活に向け3月頃にはクロスバイクをお求めになられるお客様が多くご来店されますが、コロナの影響で工場の稼働が安定しないことや、世界的に自転車の需要が急増している理由で、車体/パーツメーカー共に供給が追いつかず、世界的に品薄な状態が続いており、新規注文から入荷まで非常にお待たせしてしまう状況が続いてます。可能な限り早めにご注文頂きますようお勧めしております。お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

あわせて読みたい
クロスバイクを始め世界的に品薄な状況が続いてます。お早めのご注文をお願いします。 クロスバイクを始め、品薄な状態が続いております。 例年、新生活に向け3月頃にはクロスバイクをお求めになられるお客様が多くご来店されますが、コロナの影響で工場の...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!