cycleland saito

27.5インチと29インチ?マウンテンバイクのホイール径の違い

マウンテンバイクのタイヤ(ホイール)径

本来マウンテンバイクは山の中の未舗装路を走るものですが、近年ではクロスバイク的に街乗りに使う方も増えています。マウンテンバイクのタイヤ(ホイール)サイズは、長い間26インチが定番でしたが、その後、ふたまわりほど大きな29インチが生まれ、更に27.5インチが追加されました。最近では、一部の特殊なモデルや、ホームセンターなどで売られているマウンテンバイク風の自転車を除いて、殆どのマウンテンバイクは29インチか27.5インチのホイールサイズを採用しています。

27.5インチホイール(650B)のメリット

27.5インチは、ジャンプしたり、キビキビしたマウンテンバイクを求めるライダーに最適。加速感が良く、障害物を縫うように素早く操作でき、小柄なライダー、ダウンヒルレーサー、下り系ライダーにぴったり。27.5インチは650Bと呼ばれることもあります。

29インチホイールのメリット

29インチホイールは、速度と走破性を重視し、どんなライドもまんべんなくこなせるバイクを必要とするライダーにぴったり。高い安定性もあり、優れた推進力で速度が落ちにくいのも特徴。初心者、トレイルライド、クロスカントリーまたはエンデューロレースなどに最適です。

スマートホイールサイズ

トレックのマウンテンバイクには、独自の『スマートホイールサイズ』を採用しているモデルがあります。速く効率的に走るためには、29インチが最も良いと言われており、レースの世界では、様々なホイールサイズの流行がありましたが、結局29インチに行き着いたようです。

しかし、ライダーの体格によっては、29インチでは大き過ぎる場合があります。トレックではフレームサイズに応じてホイールサイズを切り替える「スマート ホイール サイズ」を設定することで、誰もが乗りやすく、バイクの持つ性能を発揮出来るようにしています。(一部の車種を除きます)

関連記事

ページ上部へ戻る