cycleland saito

新型デュラエースR9200/アルテグラR8100登場

12速+ワイヤレスの新型デュラエース登場

シマノのロードコンポーネントの最高峰であるデュラエースのニューモデル(9200系)が発表されました。予想通りリア12速&ワイヤレス方式と進化したデュラエースは、マウンテンバイクで実績のあるHYPERGLIDE+テクノロジーを導入、更に高速化した電動シフトとの組み合わせで、変速速度が向上しています。バッテリー寿命は1回の充電で約1,000 kmを走行することができます。

ボタン電池とICチップが内蔵され、上方向に大型化されたブラケットグリップ部は、プロライダーのフィードバックに基づいて握りやすさを向上。前後のディレーラーはそれぞれ、F50-55T/R34Tまでに対応しており、これまでより広いギアレンジでを使うことが出来るようになっています。

小型化されたブレーキキャリパーは、バッドクリアランスを10%広げることでローターとの擦れを低減するなど、細かな部分も改良されています。ホイールはリムハイト36ミリのC36、50ミリのC50、60ミリのC60の3タイプがラインナップされます。

アルテグラも12速+ワイヤレス方式に

詳細は不明ながら、アルテグラも同様に12速&ワイヤレス方式に進化しています。

プロジェクトワンでは新型デュラエースを早くも選択できます

トレックのカスタムプログラム・プロジェクトワンでは、早くも新型デュラエース、新型アルテグラを選択出来るようになりました。プロジェクトワンでは、クランク長やカセット、ステム長やハンドル幅など、初めから完璧なフィットでオーダーすることが可能です。対象モデルは、マドン、エモンダ、ドマーネの3機種です。

そのほか、デュラエースやアルテグラに限らず、例えばクランクのみ105にグレードアップしたい、ホイールをグレードアップしてみたいなど、愛車のグレードアップやメンテナンスに関することは、お気軽に当店にご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る