cycleland saito

グラベルロード”トレック・チェックポイント”がモデルチェンジ

チェックポントSL5(¥379,500) 2022M登場

トレックのグラベルロード、チェックポントSL5(¥379,500) がモデルチェンジして新登場しました。振動を吸収するリア IsoSpeedテクノロジーを搭載したフレームは、高速域では安定し登坂時は効率よく走れるプログレッシブジオメトリーを採用ました。また、500 Series OCLV カーボンで作られたフレームには、飛び石などからカーボンフレームを守るカーボンアーマーを装着しています。

IsoSpeedは、元々パリルーベを走るトッププロのために開発され、現在ではハイエンドロードバイクやマウンテンバイクにも搭載されているトレック独自の技術です。減衰の効いたリバウンドで、ライダーの身体を揺さぶることなく、疲労につながる振動を吸収してくれます。

舗装路からグラベルまで、バランスよく走破できる700×40cタイヤ。大きな岩の混じったグラベルを走りやすくする太めのタイヤ(700×45c)まで装着可能なクリアランスを備えています。

ダウンチューブ内に設けられた内蔵ストレージにはツールやギアを収納できます。もちろん通常のボトルケージ等を併用可能です。

グラベルバイク用にデザインされた Shimano GRX 2×11速ドライブトレインを搭載。登り坂や荒れたグラベルに適したローギアを備えています。

オプションのフレームバッグなどをフル装備すると、これだけの荷物を運べます。チェックポイントはバイクパッキング、グラベルサイクリング、なんなら日本一周まで出来るアドベンチャーな1台です。

2022M CheckPoint バリエーション

CheckPoint ALR5 ¥269,500

CheckPoint SL5 ¥379,500

CheckPoint SLR7 ¥958,100

チェックポイント(2022M)には、今回紹介しましたCheckPoint SL5(2022)のほか、アルミフレームのCheckPoint ALR5(2022)、プロジェクトワンでカスタマイズ可能なハイエンドモデルCheckPoint SLR7(2022)のバリエーションがあります。グラベルはもちろんのこと、悪路全般に強いグラベルロードに興味がある!という方は是非当店までご相談ください。

関連記事

ページ上部へ戻る