これからの季節に保冷ボトル「ヴォーダ・アイス」おすすめします。

左:828mlのTHE BIG GUY / 右:591mlのスタンダードサイズ

冷たさが長持ち

暑い日のロングライドで何よりありがたいのは、冷たい飲み物。トレックから、水分をしっかり保冷して運べるウォーターボトルが登場しました。トレックのVoda(ヴォーダ)アイスは、一般的なサイクル用ボトルと比較して約2倍の保冷力を持っています。

保冷構造のほか、開閉が容易なバルブ(飲み口)のついた”Flow Top”キャップや、ボトル表面や手が濡れていても握りやすい”No-Drop Grip Ring”を採用。1.5mの高さから落とす、冷凍庫で凍らせる、食器洗浄機で洗うなど、様々なテストをクリアしたタフで使いやすい設計が魅力です。(USDA認可、BPAフリー、フタル酸エステルフリー)

サイズのほかに、カラーバリエーションもございます

ボトルをバイクに取り付けるためには、ボトルケージが必要です

ウォーターボトルをバイクに取り付けるためには、ボトルケージと呼ばれるパーツを取り付ける必要があります。ボトルケージの多くは、柔軟性のあるナイロン樹脂やカーボンなどで作られており、走りながらボトルを抜き差しすることができます。フレームの形状やサイズによって、横方向から抜き差しするタイプを選んだりすることもあります。(ご相談ください)

ウォーターボトル&ボトルケージ

ロードバイク/クロスバイク)の殆どには、ボトルケージを2つ取り付けることができます。ボトルケージを2つ装着した場合、片方のボトルケージにはウォーターボトルではなく、工具やスペアチューブなどを収納できるストレージボトルを利用する方も多くいらっしゃいます。

ロングライドに必要な工具やスペアチューブを収納するのに便利なストレージボトル

使い方やフィールドに合わせて、自分好みにバイクをグレードアップさせるのも自転車の楽しみ方のひとつです。メンテナンスのこと、グレードアップのこと、なんでもご相談ください。

あわせて読みたい
投棄された漁網をリサイクルして作られたボトルケージ プロ選手も愛用するボントレガーのウォーターボトルケージの素材が、2019年から投棄された漁網を素材に切り替わりました。投棄された漁網を集めて細かいパレット状にリ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!