ロードバイクなどのセルフメンテナンスに便利なツール

愛車を快適に乗り続けるためには、定期的なメンテナンスはかかせません。難易度の高いところは専門家に任せつつ、ご自身で日常的なセルフメンテナンスを行うことで、バイクへの愛着も増すものです。今回のブログでは、セルフメンテナスにあると便利なツールを紹介します。

プリセット式トルクレンチ

スポーツサイクルのメンテナンスでは、各ボルトの締め付けトルクが重要です。力を入れすぎると、パーツやボルトを破損してしまいますし、締め付けが弱いと、走行中に不具合を起こしてしまうこともあります。ボントレガーのプリセットトルクレンチは、予め締め付けトルクが設定されており、気軽に愛車のパーツのトルク管理を行うことが出来ます。

バイクウォッシュ

バイクをきれいな状態に保つことは、トラブルを未然に防ぐことにもつながります。専用のバイクウォッシュは、砂や埃を効果的に落としつつ、フレームの塗装面やゴムや樹脂でできたパーツに影響がないように考慮されています。バイクウォッシュには水を使わないタイプもありますが、水を使うタイプのほうが洗車効果は高いようです。汚れ具合によって、使い分けるのが良いでしょう。また、バイクウォッシュで落としにくい油汚れには、ディグリーザーを使います。

チェーンオイル

洗車後は、専用のチェーンルブを塗布してください。塗りすぎは厳禁、チェーンのローラーとピン部分に、1コマずつ丁寧に注油するのがポイントです。

フロアポンプ

日常的に行うもっとも大事なメンテナンスは、タイヤに空気を入れることかもしれません。大事なことは、空気圧の管理を行うこと。いつもより減りが早い場合、片側だけ減っている場合などは、原因を調べ対処することで、出先でのトラブルを防ぐことができます。

メンテナンス講習会も開催しています

当店では、メンテナンス講習会を定期的に開催しております。また、バイククリーニングのコツや、効果的なメンテナンスのツールなど、バイクの種類やお客様に合わせてお勧めできますので、店頭にてお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!